top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 1南方前池遺跡~7用木古墳群

1南方前池遺跡~7用木古墳群

1 南方前池遺跡(みなみがたまえいけいせき)

所在地 赤磐市南方
時代 縄文時代
調査年 1955年
調査主体 近藤義郎ほか
参考文献 「岡山県史」 第十八巻考古資料 1986 岡山県史編纂委員会
「岡山県の考古学」 1987 吉川弘文館
「南方前池遺跡」 1995 岡山県山陽町教育委員会

概要

 遺跡は灌漑用水の溜池の底に保存されており、1957年には県史跡に指定されています。調査では遺跡の下層で、縄文時代晩期の貯蔵穴10基が発見されました。貯蔵穴は直径約1mの円形で、深さ70~130㎝の大きさです。穴の上部は植物を用いて覆い、粘土で密封した状態が見られました。

 穴の下側には、イチイガシやトチのドングリが大量に収められていましたが、湧き水が潤していたのでたいへん残りのよい状態で検出されました。これらは、縄文時代の食物貯蔵の方法が明らかになった好例といえます。
 また、ここから出土した縄文時代晩期の土器は「前池式」と呼ばれ、考古学研究で重要な資料となっています。

 

現在の南方前池遺跡の状況

▲現在の南方前池遺跡の状況

 

出土したドングリ(トチ)

▲出土したドングリ(トチ)

縄文時代晩期の「前池式」深鉢

▲縄文時代晩期の「前池式」深鉢

 <発掘調査トップへ戻る>

 

2 用木山遺跡(ようぎやまいせき)

所在地 赤磐市山陽
時代 弥生時代
調査年 1971~1973年
調査主体 山陽町教育委員会
参考文献 「用木山遺跡」 1977 岡山県山陽町教育委員会
「岡山県史」 第十八巻考古資料 1986 岡山県史編纂委員会
「岡山県の考古学」 1987 吉川弘文館

概要

 遺跡は標高50~100mの丘陵上と谷状の急斜面で見つかりました。調査では弥生時代中期から後期にかけての住居124軒、高床式住居2軒、貯蔵穴20基が発見されました。生活には適さないと思われる急斜面に対しても、大規模な造成工事を行うことにより、集落は築かれていました。

 それぞれの住居のまとまりを見ると、大形の住居1棟と小形の住居数棟によって構成されており、合計13グループの住居群が認められます。これらの住居のまとまりが、生活をする上で一定の計画性を持ちながら、さらに大きい集落を形成していたと思われます。

 遺物は土器片や石鏃・石槍・環状石斧・石包丁の石器類、分銅形土製品が多量に出土しています。

環状石斧…中央に孔があいたドーナツ状を呈し、縁に刃のある石斧の一種。棒の先に装着して武器や儀礼に使われたとされるが、用途はよくわかっていない。
石包丁…稲穂などを摘み取るために用いた石器。手で持ちやすいように、打製石包丁はひも掛け用のえぐりがあり、磨製石包丁にはひもを通す穴があいている。
分銅形土製品…江戸時代の両替商が天秤で用いた分銅の形に似ていることからこのように呼ばれる。表面に様々な文様が描かれ、マツリや儀式に使われたと考えられている。

丘陵南東斜面の住居群 

▲丘陵南東斜面の住居群

丘陵尾根頂部付近の柱穴群 

▲丘陵尾根頂部付近の柱穴群

<発掘調査トップへ戻る>

 

3 四辻土壙墓遺跡(よつじどこうぼいせき)

所在地 赤磐市山陽
時代 弥生時代
調査年 1971年
調査主体 山陽町教育委員会
参考文献 「四辻土壙墓遺跡・四辻古墳群」 1973 山陽団地埋蔵文化財発掘調査団
「岡山県史」 第十八巻考古資料 1986 岡山県史編纂委員会
「岡山県の考古学」 1987 吉川弘文館

概要

 遺跡は標高約60mの尾根幅の狭い丘陵上で見つかった土壙墓群です。四辻5号墳と重なる位置で確認した一辺14m、高さ1mの方形台状墓では、土壙墓23基と土器棺墓1基が、その北側の尾根上では土壙墓17基と土器棺墓2基が、南側では土壙墓31基がそれぞれ発見されました。
 埋葬は弥生時代中期末から後期初頭と後期末の2時期に営まれたものと推測されます。土壙墓の大半は尾根と直交する場所に作られ、床面長は1.6m、幅60㎝程度のものが多いとされます。遺物が出土した土壙墓はわずかであり、少量の玉類や石鏃と簡素でした。土器棺は日常に使われていたと思われる壺・甕を組み合わせて利用していました。

土壙墓…土中に穴を掘っただけの墓。
土器棺墓…土器を用いた棺を土中に納めた墓。

方形台状墓上で見つかった土壙墓群 
▲方形台状墓上で見つかった土壙墓群
方形台状墓の南側で見つかった土壙墓群 
▲方形台状墓の南側で見つかった土壙墓群

<発掘調査トップへ戻る>

 

4 便木山遺跡・便木山方形台状墓(びんぎやまいせき・びんぎやまほうけいだいじょうぼ)

所在地 赤磐市山陽
時代 弥生時代
調査年 1970~1971年
調査主体 山陽町教育委員会
参考文献 「便木山遺跡発掘調査報告」 1971 山陽団地埋蔵文化財発掘調査団
「四辻土壙墓遺跡・四辻古墳群」 1973 山陽団地埋蔵文化財発掘調査団
「岡山県史」第十八巻考古資料 1986 岡山県史編纂委員会
「岡山県の考古学」 1987 吉川弘文館

概要

 遺跡は標高約50mの丘陵尾根の鞍部で見つかった弥生時代後期の墓地です。調査では土壙墓41基、土器棺墓6基、溝4ヶ所が発見されました。土壙墓は4ヶ所の溝で方形に区画された内側から作られ始め、次第に外側に広がりました。

 土壙墓は、4~10基程度でまとまりのある合計7グループの土壙墓群に分けられます。これらは、家族単位で行われていた埋葬の状況を示しているとされます。溝からは葬儀に用いられた特殊器台や特殊壺が発見され、注目されます。

 この遺跡の北側では、9.0×6.8m、高さ1.2mの方形台状墓と、その北側の尾根上にある2基の土壙墓で構成される便木山方形台状墓が確認されました。時期は弥生時代後期末で、そのうちの1基からは、鉄鏃や玉類が出土しました。

特殊器台…弥生時代後期末に岡山県を中心に用いられた葬送用の器台。縦長の胴部には、透し穴や弧帯文という文様が装飾され、赤色顔料が塗られる。埴輪の起源に結びつくものとされる。
特殊壺…特殊器台の上に置かれる葬送用の大形の壺。底に穴が開いているものもある。
方形台状墓…尾根上を方形に削り出した台状の墳墓。上面に土壙墓が作られる。
鉄鏃…鉄製のやじり。

区画溝内から見つかった土壙墓群 ▲区画溝内から見つかった土壙墓・土器棺墓方形台状墓の検出状況 ▲方形台状墓の検出状況

区画溝の遺物出土状況

▲区画溝の遺物出土状況

 <発掘調査トップへ戻る>

 

5 前内池遺跡(まえうちいけいせき)

所在地 赤磐市稗田
時代 弥生時代
調査年 1997~1998年
調査主体 岡山県古代吉備文化財センター
参考文献 「岡山県埋蔵文化財発掘調査報告 174」  2003 岡山県教育委員会

概要

 遺跡は標高60~70mの丘陵上にあり、弥生時代中期から後期の住居や墓が見つかりました。このうち尾根の鞍部では、弥生時代後期の土壙墓や木棺墓が約120基、土器棺墓が約60基を数える集団墓地が確認されました。特に土器棺墓の数が非常に多く、密集度も県内で最大といえます。

 また、この墓地を方形に区画していると思われる石列の一部が発見されています。この石列には2.5mほど石が途切れる箇所があり、ここが墓地の出入り口と考えられています。このほか区画の中央では、墓地のシンボルが立っていたと思われる石組の柱穴が1基見つかりました。

木棺墓…木で作った棺を土中に納めた墓。

尾根の鞍部で見つかった集団墓地

▲尾根の鞍部で見つかった集団墓地

集団墓地に埋められていた土器棺 ▲集団墓地に埋められていた土器棺

岡山県古代吉備文化財センター写真提供

 <発掘調査トップへ戻る>

 

6 佐古遺跡(さこいせき)

所在地 赤磐市佐古
時代 弥生時代
調査年 1999年
調査主体 岡山県古代吉備文化財センター
参考文献 「岡山県埋蔵文化財発掘調査報告 174」 2003 岡山県教育委員会

概要

 遺跡は標高100~120mの丘陵上で見つかりました。調査では弥生時代後期の住居・袋状土壙・土壙・墓が発見され、丘陵の尾根部は生活場所、鞍部は墓地というように、集落づくりや住み分けがよくわかります。

 45基検出された袋状土壙は、貯蔵用の穴倉と考えられ、穴底が広くなるように地面を筒形やフラスコ形に掘ってあります。深さは30~200㎝、床面積も33~169㎡と大きさに幅がありました。

 遺物は土器や石鏃・砥石などの石器、銅鏃・鉄鏃などの金属器が出土しました。このほか、内陸の遺跡には珍しく、袋状土壙の1基からカキ殻が見つかっています。

丘陵の尾根部で見つかった遺跡

▲丘陵の尾根部で見つかった遺跡

丘陵の西斜面で見つかった袋状土壙 ▲丘陵の西斜面で見つかった袋状土壙

岡山県古代吉備文化財センター写真提供

 <発掘調査トップへ戻る>

 

7 用木古墳群(ようぎこふんぐん)

所在地 赤磐市山陽
時代 古墳時代
調査年 1969~1974年
調査主体 山陽町教育委員会
参考文献 「用木古墳群」 1975 岡山県山陽町教育委員会
「岡山県史」第十八巻考古資料 1986 岡山県史編纂委員会
「岡山県の考古学」 1987 吉川弘文館

概要

 丘陵尾根上に16基見つかった古墳時代前期の古墳群です。このうち1~4・6号墳は、この地域の有力者が埋葬された中心となる古墳とされます。1号墳は、直径30m、高さ4mの葺石をもつ円墳です。墳丘の中央で内面に赤色顔料を塗っている長さ4.7m、幅76㎝の割竹形木棺が発見され、尚方作獣帯鏡・銅鏃・鉄剣・直刀・鉄斧・やりがんなが出土しました。

 2号墳は直径20m、高さ1.2mの円墳であり、木棺墓からは方格規矩鏡が発見されました。また、墳丘の周辺では土壙墓8基と土器棺墓1基が検出され、内行花文鏡やガラス小玉が見つかりました。3号墳は全長42m、高さ約5mの葺石をもつ前方後円墳です。墳丘の中央で長さ4.7m、幅50㎝の木棺を納めた粘土槨が発見され、画文帯四獣鏡・鉄斧・やりがんなが出土しました。

葺石…古墳などの盛り土の上を覆うために敷きつめられた石材。
割竹形木棺…竹を縦に二つに割ったような形状で、中をくり抜いて作った木棺。
尚方作獣帯鏡…銘帯には「尚方作竟真大巧 上有仙人不知老 渇飲玉泉飢食棗兮」の文字が見える。鈕(ちゅう)の周りには、龍・孔雀・虎と鹿と思われる4種類の獣が2匹づつ走る描写が見られる。禽獣(きんじゅう)画像鏡とも呼ばれる。
やりがんな…反った槍先のような刃に柄を付けたかんな。突くようにして木材を削る。
方格規矩鏡…中央の鈕を方形の区画が囲み、その外側にT・L・V字形の文様をもった銅鏡。
内行花文鏡…円弧形を内側に連ねた文様をもった銅鏡。
粘土槨…割竹形木棺などを粘土で厚く覆った埋葬施設。
画文帯四獣鏡…鈕の周りには、右回りに走る獣4頭と正面を向く獣4頭の描写が見られる。走る獣の体にも顔表現が認められるとする説がある。

1号墳で見つかった埋葬施設

▲1号墳で見つかった埋葬施設

3号墳で見つかった埋葬施設 

▲3号墳で見つかった埋葬施設

<発掘調査トップへ戻る> 


top_line.gif
おしらせ
[2017.03.21 09:25 (Tue)] 史跡備前国分寺跡講堂地区現地見学会のご報告
[2017.03.15 18:04 (Wed)] シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ
[2017.02.27 10:00 (Mon)] [文化財防火デー]赤磐市山陽郷土資料館の避難訓練
[2017.01.26 17:00 (Thu)] [文化財防火デー]赤磐市吉井郷土資料館にて防火点検
[2017.01.04 15:00 (Wed)] 1月26日は「文化財防火デー」です
< Previous 1234567 Next >