top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 赤磐市文化財マップ » 赤磐市文化財一覧 » 史跡一覧 » 備前国分寺跡
3

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

指定別 国指定
指定種別 史跡
所在地 馬屋
指定年月日 昭和50年7月19日

 奈良時代、聖武天皇の発願(ほつがん)によって各国に建立された国分寺の一つ。

 南北約190m、東西約175mの寺域に、南門・中門・金堂・講堂・僧房が一直線に並び、南東隅に塔を配置していた。

 主要な建物は平安時代末ごろに失われ、その後再建された建物もあったが、安土桃山時代には焼失したことが明らかとなっている。

詳細は備前国分寺跡参照。

備前国分寺跡とその周辺遺跡を散策するコースはこちら

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

より大きな地図で 備前国分寺跡 を表示

top_line.gif
おしらせ
[2017.08.23 10:00 (Wed)] 赤磐市史跡シンポジウム「両宮山古墳以後ー古墳時代後期の赤磐と倭王権ー」開催のご案内
[2017.08.21 16:00 (Mon)] 浄土寺持教院本堂が赤磐市指定文化財に指定されました
[2017.08.01 15:00 (Tue)] 平成30年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集について
[2017.08.01 15:00 (Tue)] 平成30年度三菱UFJ信託地域文化財団による助成団体募集について
[2017.07.28 17:00 (Fri)] 旧永瀬家住宅主屋・井戸が登録有形文化財に登録されます
1234567 Next >