top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 平成30年度文化遺産総合活用推進事業の募集について

 2017年10月10日

平成30年度文化遺産総合活用推進事業の募集について

 平成30年度文化遺産総合活用推進事業の募集について、文化庁から通知がありましたのでお知らせします。
申請したい団体の方はお早めにご相談ください。

 

■募集する事業内容

1 地域文化遺産活性化事業
(1)地域の文化遺産次世代継承
 ①情報発信事業
 ②人材育成事業
 ③普及啓発事業

(2)伝統文化継承基盤整備
 ①記録作成事業
 ②後継者育成事業
 ③用具等整備事業

(3)その他(地域の文化遺産を活用した、地域活性化に資すると認められる取り組み)

 

2 世界文化遺産活性化事業
(1)情報発信事業
(2)人材育成事業
(3)普及啓発事業
(4)調査研究事業 

 

■申請団体の要件
地域の文化遺産または世界文化遺産の構成資産の所有者、保護団体(保存会)等によって構成され、補助対象事業を実施するために必要な運営上の基盤を有する、次の4つの用件を満たす実行委員会等
・定款に類する規約を有すること
・団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること
・自ら経理し、監査する会計組織を有すること
・活動の本拠となる事務所等を有すること

 

■提出書類
・ (様式1-1、別紙①、別紙②) 実施計画
・ (様式2) 交付要望書
・ (様式2-1) 平成30年度事業計画書
・ (様式2-2) 平成29年度までの事業の効果等
・ (様式2-3) 収支予算書
・ (様式2-4) 支出内訳明細
・ (様式2-5) 補助対象事業に係る文化財の概要
・ (様式2-6) 実行委員会等(補助の対象となる者)の概要
・ 実行委員会等(補助の対象となる者)の定款又はそれらに類する規約、及び構成名簿
・ (様式3) 出演者一覧表(出演者がいる場合)
・ 見積書(様式任意)
 ※使用料及び借料や役務費、委託費、需用費において発注見込額が10万円(税込み)以上の場合に見積書を徴取して添付。
 ※発注見込額が100万円(税込み)以上の場合は、複数者から徴取した見積書を添付。
 ※用具の修理・新調において、発注見込額が100万円(税込み)以上の場合は、3者以上から徴取した見積書を添付。
 ※複数者から見積書を徴取できない場合は、理由書(様式任意)を添付。
 ※見積書は写しを添付(原本は実行委員会等において保管すること)。

・ 仕様書(様式任意)
 ※用具の修理・新調及び100万円(税込み)以上の役務費、委託費、請負費等の場合に添付。
・ 修理・新調対象の用具の現況写真(写真添付台紙を利用すること)
 ※用具の修理・新調を要望する場合、対象の用具の現在の状況が分かるように、全体及び該当箇所の写真を添付し、状況を説明する必要があります。
・ その他内容を補足するための参考資料(様式任意)


※様式1-1、別紙①、別紙②については赤磐市で作成しますので、事前にご相談ください。

 

■提出期限
 平成29年11月2日(木)17時 必着
 赤磐市教育委員会社会教育課文化財班へご提出ください。
 (希望がある場合は、事前にご相談ください)

 

※提出書類・詳細については文化庁のHPをご覧ください。


top_line.gif
おしらせ
[2015.09.28 10:30 (Mon)] 史跡備前国分寺跡の看板設置のご報告
[2014.04.07 14:30 (Mon)] 散策コース追加のお知らせ
[2014.03.14 09:00 (Fri)] 史跡両宮山古墳第4次発掘調査の終了のご報告
[2013.10.02 10:30 (Wed)] 赤磐市史跡シンポジウムの開催報告
[2013.09.02 11:00 (Mon)] [文化財を守ろう] 防災・防火・防犯対策の確認のお願い
< Previous 12345678 Next >